豪華アレンジメント

商品ID: 1779

豪華アレンジメント

豪華アレンジメント
(花材おまかせ)
直径20~25センチ
※器の材質、色は変更になる場合があります。


ピンク系のお花をメインに、可愛いらしくまとめたアレンジメントです。

濃いめの色から淡い色まで、水に溶いた絵具が広がっていくようなグラデーションが楽しめる仕上がりになっています。その中にあしらった控えめなグリーンが、より一層ピンク系のお花を引き立てます。

「幸せ」や「思いやり」などの花言葉を持つピンク系のお花が可愛らしく優しい雰囲気を醸しますので、大切な方へのプレゼントはもちろん、お店やオフィス、ギャラリーなど人が集まるような場所にもおすすめです。お祝いにも日常的なディスプレイにも、さまざまなシーンでお使いいただけそうです。

価格: ¥8,800 (税込) 送料無料
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

花を日常的に贈ってみてはいかがでしょうか


フラワーギフトと聞くと、どのようなシーンを思い浮かべるでしょうか。母の日や敬老の日、ご友人やご家族の誕生日、お見舞い、卒業式、送別会……など、フラワーギフトは記念日やイベントでお贈りするものと考える方は多いかもしれません。

しかし、ヨーロッパやアメリカなどでは花束を日常的に贈り合っているのをご存じでしたか。誕生日でもなく、特に記念日でもない週末に恋人や家族と過ごすときに、花束をプレゼントするのは、日常的。友人宅を訪問するときに、手土産として花束を持参する方も多く、チョコレートと花束はホームパーティーの手土産の定番です。

イギリスの花屋では、金曜日の夕方になると店頭に花束を売り始めますし、フランスでは男性が女性に贈るための花束をマルシェや花屋で購入しているのをよく見かけます。パリの観光地やレストラン、バーなどでは、花売りが花を売りに来ていることもめずらしくありません。

ヨーロッパでは、古くから花を贈る習慣があったため、花を贈る文化が根付いていると言われています。中世からルネサンス期にかけてフラワーアレンジメントが流行り、この時代には既に花を贈り物としていたようです。

一方、日本では、特別な日にしか花束を贈らないのはなぜでしょうか。それは、花束を贈り物とする文化が根付いたのは、近年になってからであるためで、歴史がまだまだ浅いのです。

日本では古くは、花束は贈り物ではなく神仏へのお供え物として考えられていました。また、活け花のように花を飾る習慣はありましたが、贈り物として活用されることはなかったのです。

そのため、私たち日本人は、花を贈ることにまだ慣れていないのでしょう。イベントでもないごく普通の日に花を贈ることに対して、気恥ずかしさや違和感を覚えたりする方は多いかもしれません。しかしその分、お花をプレゼントしてもらえたら、受け取った側は大変うれしく感じていいただけそうです。

とはいえ、花を贈るのに何かきっかけが欲しいでしょう。そこで、ご友人宅などへ訪問する際に、お菓子やワインなどを手土産にするのではなく、フラワーギフトを持っていくのはいかがでしょうか。また、週末などに家族と自宅でゆっくり過ごすときに花を飾るのも良いですね。場が華やいで家での時間が特別なものになりそうです。仕事などで助けてくれた方へ、お礼として花をプレゼントするのも素敵ですね。

花は消え物ですので、形として残るモノよりも気軽に贈れそうです。気負わずに、日常的に花を贈ってみてはいかがでしょうか。どんな花を贈ったら良いかわからないという方は、花瓶不要でそのまま飾れるフラワーアレンジメントがおすすめです。手軽に飾れ、場を華やかに彩ってくれますので、素敵なギフトとして喜んでいただけるでしょう。

最近チェックした商品

  • 豪華アレンジメント

    特別価格: ¥8,800 税込