la mer

SHOPPING CARTLOGIN

ラ・メールへの想い

世界に一つだけのブライダルブーケを適正価格でクオリティの高い花をたくさんの方にお届けしたいという思いで私たちは立ち上がりました。

ラ・メールへの想い

なぜウエディングフラワーは高いのか?3つの要因

なぜウエディングフラワーは高いのか?3つの要因

一番目の要因として、ホテルウエディング、ハウスウエディング、レストランウエディング、などの会場には、それぞれフラワーショップ、フラワーアーティストなどの専属契約を結んでいる提携会社(花屋)がいます。

みなさんがその会場で結婚式をする場合には、必然的にその提携会社(花屋)を利用することになります。
そのため会場のお客様=提携会社(花屋)のお客様となる訳です。
提携会社(花屋)にとっては、何もしなくてもお客様がくるというメリットがあります。しかしここに高くなる一番の要因が隠されています。

提携会社(花屋)は会場から紹介して頂いた見返りに売上の50%前後(各会場により変動)を紹介料として支払わなければなりません。会場価格35,000円のブーケが半分の17,500円を紹介料として会場に支払い、17,500円で会社が経営できる利益を出さなければなりません。

実際花屋が経営していくのに家賃、人件費、諸経費などがあり原価30%前後でないと経営が厳しくなります。ブライダルブーケの場合、お打合せの時間、お花の種類、開花調節、傷ついた花は入れ替えるなど、余計に経費が掛かり原価25%前後の4,300円前後でないと赤字になる可能性があります。
これが高くなる一番の要因となります。

二番目の要因として、お花のこだわりにあります。お花の種類などを指定された場合、必ずそのお花の品種を仕入なければならず、仲卸か市場に①注文を入れなければなりません。これは業界の人でしかわかりませんが、花の仕入には①注文⇒②相対⇒③セリというお花の仕入方があります。

なぜウエディングフラワーは高いのか?3つの要因

①注文は必ず仕入ないといけない為、高い金額で仕入れます。確実に指定されたお花を確保できます。

②相対は生花の仕入日(月曜日・水曜日・金曜日)の前日に全国から集まったお花を仕入日の前に予約を入れられます。しかし①注文ではないので指定した品種があるか、ないかは前日でしかわかりません。もちろんない場合もありますが①注文ほど仕入費が高くありません。

③セリは①注文・②相対で先に予約されたお花以外が、月曜・水曜・金曜の朝7時から市場で一斉に競り(セリ)が始まります。セリが一番安く仕入れができるメリットがありますが、指定された品種をセリ落とすことができる確率が低くなるとういうデメリットもあります。

①注文で仕入れると③セリ値の2~3倍になることもあります。仕入の単位が仲卸の場合10本単位、市場の場合50本単位での仕入となります。仲卸は少ない単位で仕入られるメリットがありますが、市場よりも高い値段で仕入ないといけないというデメリットもあります。ブーケを制作する場合、この花を5本だけ使いたいという場合でも、仲卸で5本、市場で45本のロスになる可能性があり高い値段で販売しなくてはなりません。これが高くなる二番目の要因です。

三番目の要因として技術料・デザイン料・人件費があります。結婚式場の専属のフラワースタッフとなると、それなりの技術がある人でなければ務まりません。特にブーケの制作となると、1・2年の新人さんにはまず制作する事が出来ない為、ベテランスタッフを雇う事になります。そうなれば、やはりそれなりのお給料を支払わなければならないため、人件費も高くなり、その分技術料としてお花の料金に加わる事になります。また、会場でのセッティングに関してもセッティングの方法・納品時間・撤去時間など拘束される時間が多いというのも人件費が高くなる要因の一つになります。

なぜウエディングフラワーは高いのか?3つの要因
TOP

どうすれば低価格で購入できるのか?

どうすれば低価格で購入できるのか?

まずお花の細かい指定をしない・あまりこだわりすぎない事をお勧めします。

一生に一度のウエディングブーケなので力が入るお気持ちはよくわかりますがこだわりすぎるとすべて市場への特別注文となり高額になってしまう可能性があります。
イメージ写真をお持ちになりお花や色などもこういう感じでお任せというほうがかなりお安くなると思います。

まず式場と契約する前に事前にお花の持ち込み可能か問い合わせる。

式を挙げたい会場が決まりましたら先に契約をしないで、持ち込みができない場合は他の式場にしようと思っていると交渉するとOKとなる場合があります。
メイン花・ブーケ・他花束などを持ち込み可能にするだけで大幅なコストダウンになります!

※弊社が代わりに交渉も承ります。

交渉によっては持ち込み料が発生する式場がありますので、契約前の最初の交渉が一番重要になります。
会場側は自らお持込が出来ますよとは、まず、言ってきませんので、お客様からまず契約前に確認してみましょう。

どうすれば低価格で購入できるのか?
TOP

la merの強みと豪華なブライダルフラワー低価格実現の理由

la merの強みと豪華なブライダルフラワー低価格実現の理由

弊社は仕入に関しては市場の相場状況を見極め、その日のお買い得なお花などを低価格で大量に仕入れて(月水金毎回200~300ケース)いる為、コストを下げられるメリットがあります。

関連会社にプレミアガーデンがあり、年間受注数6万件以上のフラワーギフト専門店と連携している為、そこで余ったお花を使い切る事ができロスが0で料金を高くする必要がありません。

また生産地と市場を通さない直接取引もしている為、市場に出回らない上質な新鮮なお花を低価格で提供できる所が弊社の強みです。

色合いと雰囲気でお任せして頂けるところが低価格実現のカギとなります。もちろんこだわりのお花での製作も承らせて頂きますが、①注文の仕入となりますのでどうしてもお安くすることができません。

一生に一度のブライダルフラワーなので最高に良い物を心を込めて製作させていただきますが、こだわりすぎない事をお客様にはおすすめ致します。イメージ画像を見せて頂ければ、それに近い形で弊社ブライダル歴10年以上のデザイナースタッフが特別価格で製作致します。

これからのお二人の人生の為に余計なマージンコストをカットして頂き、適正価格でブライダルフラワーをお届けしていきたいと思っています。

わからない事、質問等ございましたらお気軽にお問合せ下さい。スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL 03-5749-5120

FAX 03-5749-5320

メール:mermer@mermer.jp